「繊維産業の適正取引の推進等の自主行動計画」(繊産連)について : 2018-04-13 (Fri)
 平成29年2月、繊維産業連盟と繊維産業流通構造改革推進協議会は、繊維業界が紡績から小売りまでの長いサプライチェーンを有し、全体での取引の適正化が重要であることから、「繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を作成しております。
 外国人技能実習生の保護や適正な技能実習の取り組みを行うためには、この「自主行動計画」を全てのサプライチェーンの関係者が取り組みを強化することが求められています。

  自主行動計画はこちらから(PDF)⇒http://nippiren.com/170301Jisyukodo.pdf


日被連が外国人技能実習の適正な実施等を呼びかける : 2018-04-04 (Wed)
 外国人技能実習生の保護や適正な技能実習の取り組みを行うために、経済産業省が主導して「繊維産業技能実習事業協議会」が設置され、当連合会も構成員として参画することとなり、去る3月23日に第1回会合が開催されました。
 これを受けて、日本被服工業組合連合会の河合秀文理事長(岡山県理事長・明石被服興業社長)は、日被連会員の地区組合及び傘下の組合員へ「技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護の取り組みを引き続き実施する」ので、一層の協力をお願いする旨の要請文を送付いたしました。

 要請文はこちらから⇒http://nippiren.com/senisangyoginokyogikai.pdf

この問題に関する経済産業省のプレスリリースは、同省ホームページをご覧ください。

  http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180323007/20180323007.html
  



 


ユニフォーム業界の期日統一展示会の日程を決定 : 2018-02-23 (Fri)
 広島県アパレル工業組合・ユニフォーム委員会(委員長:潟Wーベック社長 後藤 昇氏)はこのほど平成31年以降(2年間)のユニフォーム業界の期日統一展示会の日程を決定いたしました。
 展示会場の予約等のご参考に供していただきたいと存じます。

  展示会の日程はこちらから⇒http://nippiren.com/2019~fair.schedule.pdf